2006.12.25/
ヨシダデザイン一級建築事務所
吉田知代 様
これからの地震対策:免震住宅<後編>

「ヨシダデザイン」吉田知代さんを迎えた「これからの地震対策:免震住宅」後編です。
北村住建初の免震住宅や北村住建の人材育成のポリシーに触れた前編に続き、後編では、日本での免震建築事情など免震建築が話題の中心になりました。

これからの地震対策は『家財を守る』

---免震というシステムは今まで大きいビルとかに使われていて、戸建ではそんなに行き渡っていない状況ですが、吉田さんは免震に対してはどういう考え方をお持ちですか?

吉田:私は以前勤めていた時に、結構免震建物の設計をしていました。それは大学のような大きな建物でしたが。
日本は地震が多いので、その被害を最小限にする為にも単純に免震は良いと思いますね。
戸建はまだまだですけどだいぶ増えてきています。ハウスメーカーさんでは累計二千棟くらい建てていて、戸建では木造が多いです。

---今回の現場は鉄骨造ですよね。

吉田:戸建て住宅では、鉄骨はかなり珍しい方だと思います。
上の構造物は、免震にすると軽く小さくできるんです。なので、耐震偽装問題で鉄筋が足りないとか色々な問題が発覚した建物も、免震装置を入れれば計算上は大丈夫な建物が何棟か出ている。
そんなこともあって、免震も結構注目されてきたと思います。

そこにきて、あちらこちらで地震がありますよね。耐震設計だと今時の建物はキチンと施工されていれば、倒れることとかまずないですけれど、耐震では家財が守れるかどうか?
国でも大切な建物・・・大きい病院や図書館、博物館美術館などは、ほとんど免震化されてます。

家財を守ると言うことは、住宅でもうんと大きい意味があるのではないかと思います。
私は免震メーカーの回し者じゃないですけど(笑)、地震保険の中の家財にかける保険は結構高くて、4~6人の世帯で20年30年と家財に保険を掛けたりすると、免震装置の値段と同じくらいになってしまうらしいんです。
そういうこともあって、免震を採用される方が増えてきて、今装置の需要が凄いらしいんです。

---免震住宅を求めている人達が、増えてきている?というより、多い?

吉田:多いんじゃないでしょうか。お問合せも結構ありますよね。

Page 1>> Page 2

問合せフォームバナー

お電話でのお問い合わせはこちらから

 

03-5671-1080

(9:00~18:00)

スタッフ紹介バナー
家作りのコラムバナー
イベント事業案内バナー
会社概要バナー
マイホームをお考えのお客様バナー
施工業者をお探しのお客様バナー
協力業者様募集バナー

個人のお客様 | 建築家・設計事務所様 | 協力業者様 | 私達について

お電話でのお問合わせ(9:00~18:00まで) | 03-5671-1080

メールでのお問合わせ | kikaku@k-juken.com

 

北村住建は創業37年、葛飾区にある工務店です。東京都内の注文住宅を中心に、ビル・集合住宅、リノベーションの設計・施工を行っております。木造、鉄骨造、RC造での建築をお考えのお客様へ最適なプランご提案し、理想の建築を実現致します。